野菜は酵素もいろんな栄養も摂れるし

美肌をかなえるために、鍵となる3つの栄養素がある。太るイメージから敬遠されがちな肉や魚。外食などではとりにくいビタミンAやC。これらが不足していた人は、3つの栄養素を参考に今日から食生活を見直すと良いという。3つの栄養素とはズバリ「ビタミンA」「ビタミンC」「タンパク質」だ。ビタミンAは抗酸化作用があり、肌や粘膜を強く丈夫にしうるおいを保つ栄養素だという。人参、ほうれん草、カボチャ、小松菜、トマトなどの緑黄色野菜に多く含まれる。よくビタミンAは過剰摂取が注意と聞くが、食品から普通に摂取する分には安全という。薬やサプリでビタミンAを摂るのは避けた方が良さそうだ。特に妊婦さんは胎児に影響がでるというので気をつけたい。またビタミンAは摂りだめできる栄養素なので、「今週は外食に偏ってしまった」と思ったら、週末などの時間がある時にたっぷりと摂ると良いという。また油を加えたり加熱するような調理方法の方がよりβカロテンの吸収がアップするらしい。「ビタミンC」も抗酸化作用が期待でき、紫外線に対する抵抗力をつけるという。保湿・美白・アンチエイジングに有効なので充分にとりたい栄養素だが、過剰に摂取した場合、尿として排泄され摂りだめができないので毎日ちょこちょこ確実にとるようにしたい。また熱に弱い性質を持つので加熱料理する場合は短時間の加熱にするなど工夫が必要。最近では便利なサプリメントでビタミンを手軽に栄養補給する方法もあるが、野菜などの天然のビタミンと比較すると、体内での吸収率が明らかに異なるので極力食事から摂取するのが好ましいらしい。「タンパク質」は肌を作るベースとなる材料であり、タンパク質あってこそ他の栄養素が運用でき、美肌に活かされるもの。肉や魚で摂取するにしても、蒸したり、茹でたりと調理方法をシンプルにすれば脂質の摂り過ぎも心配いらないという。他にもバランスよく色々な食品を食べて初めてこのような美肌のための栄養素がうまく活かされるのだ。食品選びから調理方法も、ライフワークに合わせ上手に工夫し、内側から輝く美しい肌を目指すぞ!
美容にもそうだけど、いろんな意味で野菜は必要なのですよね。問題は料理が苦手な私がどうやって調理するかというのもあります。魚も得意でないし、肉を炒める位しか出来ないんだな。

サプリに頼らず健康管理

ついつい楽に何かをと考えてしまう傾向がある私ですが、健康管理やダイエットについても同じです。特にダイエットなんてそうですが、普通に考えると食事と運動で何とかなると思うところなのですが、いろんな方法を試みましたが、3日続けばいいほうで、1日で挫折することなんて何度でもあります。そうなると、ネットで調べて楽に痩せれる方法を探しています。ついつい甘い言葉に負けてチャレンジするのですが、やっぱりうまくいきません。ダイエットサプリなんかも典型ですが、そういうので体重が減ったことなんてありませんから。やっぱりそういう何かに頼る方法ではなく、強い意志を持って続けれるようにならないと無理なのかな。まあそれが出来てたらこんなお腹周りにはなってませんけどね。